トップニュース

 

  • 2016年4月27日
    • 当館休館日:5月2日

      5月2日(月)はメーデー振り替え休日のため、当館休館日となります。

  • 2016年4月25日
    • 熊本地震に関わる義援金の受付口座のご案内

      2016年4月に発生した熊本地震に関し,被災者を救援するため,現在義援金を以下の口座で受け付けておりますのでご案内いたします。

      1 在カメルーン日本国大使館義援金受け入れ口座(受付期間:2016年6月30日まで)
      TITULAIRE : AMBASSADE DU JAPON D
      CODE BANQUE : 10002
      CODE GUICHET : 00069
      NUMERO DE COMPTE : 90000467057
      CLE RIB : 52
      CODE IBAN : CM21 10002 000699000046705752
      CODE BIC(SWIFT) : BCMACMCX

      2 日本赤十字社による海外救援金受け入れ口座
      銀行名: SUMITOMO MITSUI BANKING CORPORATION
      支店名: GINZA BRANCH
      口座番号: 026-8372918
      SWIFT コード: SMBCJPJT
      支店住所: 5-8-10, Ginza, Chuo-ku, Tokyo, JAPAN
      受取人: The Japanese Red Cross Society
      受取人住所: 1-1-3, Shiba Daimon, Minato-ku, Tokyo, Japan Telephone: +81-3-3438-1311
      (注意点)
      ・提供資金は,原則として「義援金」ではなく,海外からの「救援金」として活用されます。 「義援金」としての活用を望まれる場合には,上記の口座に送金後に,日本赤十字社宛(メールアドレス:donation@jrc.or.jp)に(1)「義援金として送金した」旨,(2)送金者名,(3)金額,(4)送金日,(5)送金元銀行名をお知らせください。 【日本赤十字社における義援金と救援金の定義】 義援金:日本赤十字社より被災した自治体の義援金分配委員会等に送付され,右委員会などを通じて被災者等に義援金として支払われるもの。 救援金:本震災の日本赤十字社の救援活動のために使用されるもの。
      ・原則として受領証は発行されません。受領証を希望する場合は,送金後に日本赤十字社宛(メールアドレス:donation@jrc.or.jp)に(1)「受領証が必要な旨」,(2)送金者名,(3)金額,(4)送金日,(5)送金元銀行名をお知らせください。

      3 熊本県義援金受け入れ口座(受付期間:2016年6月30日まで)
      4月19日より,熊本県は海外からの支援金受け入れ口座を開設しております。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 2016年4月25日
    • 海外安全情報(広域情報)の発出~伊勢志摩サミットに向けた注意喚起~

      本年5月26日から27日までの間,伊勢志摩サミットが,また,4月10日から9月25日までの間,関連会合が日本各地で開催されることになり,テロ等を未然に防止するため,海外安全情報(広域情報)を発出しました。 詳しくは外務省海外安全ホームページをご覧下さい。
      URL:http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2016C106

  • 2016年4月1日
    • 海外安全対策動画の掲載

      外務省は皆様が海外で安全に過ごして頂くために海外安全ホームページ,外務省海外旅行登録「たびレジ」,海外安全アプリ等の具体的な利用方法,メリットや犯罪被害防止策等を紹介する動画を作成しました。 詳しくは下記URLの外務省海外安全ホームページをご覧下さい。
      URL:http://www.anzen.mofa.go.jp/video/video11.html

  • 2016年4月1日
  • 2016年3月29日
    • 補欠選挙に伴う在外選挙の実施(平成28年4月)

      衆議院議員補欠選挙(北海道第5区及び京都府第3区)の補欠選挙の日程(告示日、在外公館投票日及び日本国内の投票日)が決定しました。詳細は外務省ホームページ(http://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/ov/page3_001607.html)をご覧下さい。

  • 2016年3月23日
    • 平成27年度補正予算による対カメルーン人道支援

      我が国は平成27年度補正予算により国際機関を通じ、カメルーンに対し12.3百万USドルを拠出しました。これらの支援は、極北州、北部州、アダマワ州、東部州におけるボコ・ハラム危機及び中央アフリカ危機の影響を受けた人々に対する人道支援、レジリエンス強化等を目的としています。案件実施パートナーは、UNDP、UNHCR、UNICEF、WFP、UN Womenの5機関です。合同プレスリリースはこちら(英仏)をご覧ください。

  • 2016年3月23日
    • 平成27年度草の根人間の安全保障無償資金協力案件の署名式の実施

      3月16日、平成27年度草の根人間の安全保障無償資金協力案件、「アサラ第1・ブンコロ公立小学校建設・機材整備計画」(中央州)の署名式が、オルメ・エルネス・ボキト自治区長及び岡村大使出席のもと行われました。我が国は、アサラ第1村の教育環境改善を支援します。当館作成プレスリリースはこちら(仏語/英語)。

      kusanone1 kusanone2

  • 2016年1月29日
    • 平成27年度草の根人間の安全保障無償資金協力案件の署名式の実施

      「浄水システム設置計画」のための9千4百万セーファーの平成27年度草の根人間の安全保障無償資金協力案件の実施に関する署名式が、GIC FADESE (Femmes Actives pour le Développement Economique et Social)マンガ・ビロア・アデリーヌ代表及び岡村邦夫大使出席のもと、当館で行われました。我が国は、エンダマの住民が飲料水を飲めるよう支援します。当館作成プレスリリースはこちら

      GC1 GC2

  • 2016年1月23日
    • 日本祭

      1月23日(土)、ヤウンデのフランス文化センターにて当館主催・JICAカメルーン事務所協力による日本祭を開催しました。当館藤田公使参事官等による合気道デモンストレーション、映画「スウィングガールズ」の上映、浴衣の試着及びJICAボランティア隊員等によるJ-POPコンサート等、盛りだくさんのプログラムを提供し、来場者は日本文化に直接触れる機会を持ちました。コンサートでは日本のアニメソングを来場者も一体となって歌う場面も見られ大盛況でした。

      journee culturelle1 journee culturelle2 journee culturelle3 journee culturelle4

  • 2016年1月15日
    • 日本祭開催

      1月23日(土)14時より、アンスティチュ・フランセ ヤウンデにて、日本祭を開催いたします。詳細は当館公式facebookページをご覧下さい。

  • 2016年1月4日
    • パスポート申請書ダウンロード

      1月4日より、日本国外でパスポート(旅券)の発給申請等を行う場合、外務省HP上で申請書のダウンロードが可能になりました。 詳しくはこちらをご覧ください。
      外務省HPのダウンロードページへは、当館HPの【領事情報】2.パスポートの「パスポート申請書ダウンロード」からリンクできます。

  • 2015年12月1日
    • 天皇誕生日祝賀レセプションの開催

      12月1日(火)、本使公邸において天皇誕生日祝賀レセプションが開催され、約200名が出席しました。岡村邦夫大使はスピーチのなかで、地域の平和と安定の重要性に言及しつつ2016年にアフリカ大陸初の開催となるTICAD VI、並びに国内の難民・避難民への各種支援、さらに女子サッカーをはじめとする二国間のスポーツ分野における関係強化について述べました。会場には日系企業の車の展示、日本食・日本酒コーナーが設けられたほか、藤田公使参事官等による合気道のデモンストレーションも披露されました。

      anniversaire1 anniversaire2 anniversaire3 anniversaire4 anniversaire5 anniversaire6 anniversaire7 anniversaire8

  • 2015年11月11日
    • 岡村大使信任状捧呈

      11月11日(水)、岡村邦夫大使はポール・ビヤ・カメルーン大統領に信任状を捧呈しました。

      shinninjo1shinninjo2 shinninjo3

  • 2015年10月2日
    • Facebookページ開設

      当館facebookページを開設いたしました。こちらをご覧下さい。

  • 2015年9月25日
    • 第9回母子手帳国際会議

      9月15日から17日にかけ、当地にて開催された第9回母子手帳国際会議に際し、会議初日の15日夕刻、カメルーン国際会議場で岡村邦夫大使主催レセプションが行われました。本レセプションでは、日本側より大使館(西尾医務官、江草書記官)とJICA(河野隊員、飯島隊員)によるバンドでJ-POP3曲、カメルーン側から各地域の伝統舞踊が披露され、両国の文化が会議参加者に紹介されました。

      kusanone1kusanone2kusanone3kusanone1


  • 2015年9月25日
    • 上智大学学生表敬

      9月1日、中央アフリカカトリック大学(UCAC)で研修中の上智大学アフリカ研修プログラムの参加学生5名が当館を表敬し、岡村邦夫大使と懇談しました。

      kusanone1


  • 2015年9月22日
    • 当館休館日:9月24日

      9月24日(木)はイスラム犠牲祭祝日のため、当館休館日となります。


  • 2015年9月18日
    • 緊急無償による中央アフリカ共和国選挙支援

      中央アフリカ共和国の選挙実施のため、緊急無償によりUNDP中央アフリカ及びUNHCRカメルーンを通じ、55万USドルを拠出しました。これらの支援は、中央アフリカの国民及びカメルーンに移動した中央アフリカ難民の選挙参加促進を目的にしています。詳細は外務省のホームページにてご確認ください。当館作成プレスリリース()はこちら。


  • 2015年8月26日
    • JICAボランティア隊員作成ドキュメンタリー映像全国放映

      JICA青年海外協力隊員(小野洋文元隊員25年1次隊)によって作成されたカメルーン村落開発普及員3名の活動に関するドキュメンタリー映像3本が全国で放映されました。ドキュメンタリー映像はこちらから閲覧が可能です:



      「村の絆」



      「グループで働く仕事」



      「女性:見えない仕組みの中で」


  • 2015年8月26日
    • 技術協力農業プロジェクト:佐賀大学

      8月1日、岡村邦夫大使はJICAが当国で実施している熱帯雨林地域陸稲振興プロジェクト(PRODERiP)に連携している佐賀大学農学部の研究サイト視察を行いました。


  • 2015年8月17日
    • ABEイニシアティブ参加者壮行会

      カメルーン初となる*ABEイニシアティブ参加者壮行会が大使公邸で行われました。岡村邦夫大使は参加者3名を激励しました。

      *ABE Initiative = African Business Education Initiative for Youth

      kusanone1kusanone1kusanone1


  • 2015年8月11日
    • 「渡航情報」の名称変更

      9月1日(火)から「渡航情報」の名称を「海外安全情報」へ改称します。詳しくはこちらをご覧ください。


  • 2015年7月26日
    • JICA研修員同窓会総会

      7月26日に開催されたJICA研修員同窓会総会に岡村邦夫大使が出席し、スピーチを行いました。

      kusanone1kusanone1

  • 2015年7月21日
    • 世界遺産・明治日本の産業革命遺産

      詳しくはこちらをご覧ください。

  • 2015年7月16日
    • 当館休館日:7月17日

      7月17日(金)はラマダン明け祝日のため、当館休館日となります。

  • 2015年7月1日
    • 海外安全キャンペーン「たびレジ」

      外務省では、7月1日から7月31日までの1ヶ月間、海外旅行・滞在に際しての事前の情報収集、安全対策のため、「海外安全キャンペーン」を実施します。詳しくはこちらをご覧ください。

  • 2015年6月24日
    • 選挙権年齢:満18歳以上へ引き下げ

      公職選挙法の改正により、2016年6月19日以降、選挙権年齢が「満18歳以上」に引き下げられます。詳しくはこちらをご参照ください。

  • 2015年5月7日
    • 第9回国際漫画賞の作品募集

      第9回国際漫画賞の作品募集中です。6月12日(金)必着で当館でも受け付けています。第9回国際漫画賞の詳細や応募用紙は外務省ホームページから 英語日本語でダウンロードできます。

  • 2015年3月26日
    • 円借款「バチェンガ-レナ間道路整備計画」E/N署名式の実施

      「バチェンガ-レナ間道路整備計画」のための62.64億円の有償資金協力に関する書簡の交換が、ンガヌ・ジュメシ経済・計画・国土整備大臣及び藤田臨時代理大使出席のもと、経済・計画・国土整備省で行われました。中央州及びアダマワ州の幹線道路整備計画の第1フェーズのバチェンガ-レナ間のうち、我が国はアフリカ開発銀行との協調融資により、マンキン-ヨコ間の約82kmの幹線道路等道路舗装整備を支援します。

  • 2015年3月18日
    • 第8回国際漫画賞受賞式

      2月14日に行われた受賞式の模様が外務省ホームページで紹介されています。

  • 2015年3月17日
    • 平成26年度補正予算による人道支援

      難民支援及びレジリエンス強化等の人道支援のため、平成26年度補正予算により国際機関を通じ、カメルーンに対し1730万USドルを拠出しました。これらの支援は、東部州、アダマワ州、北部州及び極北州で支援を必要とする難民及びホスト・コミュニティを対象に、難民流入緊急対策、レジリエンス強化及び紛争予防を目的にしています。案件実施パートナーは、UNICEF、UNDP、UNHCR、UNWomen、WFP。 
  • 2015年3月10日
    • 2015年度(平成27年度)JPO派遣候補者選考試験

       詳細は外務省国際機関人事センターのホームページにてご確認ください。募集期間は2015年4月上旬から5月上旬までです。

  • 2015年3月2日
    •  

      平成24年度補正予算案件の小学校引渡式の実施

      平成24年度補正予算案件、「カメルーン北部における緊急栄養対策及び学校インフラ復興」の小学校の引渡式が、ンドン・スメ初等教育大臣政務官、江草書記官、チビンダットUNICEFカメルーン事務所長、アバテ北部州知事出席のもと北部州ガルア市内の公立ププンレ小学校で開催されました。58教室、井戸59か所、トイレ58棟、机付椅子300脚、備品などを含むこの教育関係支援の裨益者は児童32,476人に上ります。

  • 2015年2月26日
    • 平成26年度草の根人間の安全保障無償資金協力案件の署名式の実施

      平成26年度草の根人間の安全保障無償資金協力案件、「バンベ公立小学校建設・機材整備計画」(北西州)及び「ンコルンゴック公立小学校建設・機材整備計画」(中央州)の署名式が、新井大使出席のもと行われました。

       

      sho1sho

     

  • 2014年12月8日
  • 2014年12月2日
    • 第47回衆議院議員総選挙候補者情報

      第47回衆議院議員総選挙候補者情報については、総務省の選挙情報ページをご覧ください。

       

  • 2014年11月21日
    • 第47回衆議院議員総選挙に伴う在外投票実施のお知らせ

      在カメルーン日本国大使館での在外投票期間:12月3日(水)~12月6日(土)。9:30~17:00。詳しくはこちらをご覧ください。

       

  • 2014年11月20日
  • 2014年11月6日
    • 日本祭開催

      11月15日(土)、「日本祭」をゲーテインスティチュート(ヤウンデ、バストス地区)にて14:30から開催いたします。詳細は 案内(フランス語版)をご覧ください。

  • 2014年11月5日
    • 電話番号及びFAX番号の変更

      2014年11月21日より、在カメルーン日本国大使館の電話番号及びFAX番号が以下のとおり変更となります。

      電話番号:(旧)+237 2220 6202 →(新)+237 2 2220 6202

      FAX番号:(旧)+237 2220 6203 →(新)+237 2 2220 6203

  • 2014年10月31日
    • 平成23年度コミュニティ開発支援無償資金協力「第5次小学校建設計画」引渡式

      北西州バメンダ市郊外のバリにて、新井大使、ユスフ・アディジャ・アリム初等教育大臣、梅本JICA所長等出席のもと、平成23年度コミュニティ開発支援無償資金協力「第5次小学校建設計画」の引渡式が行われました。同計画では、引渡式が開催された公立バリ小学校を含め北西州に小学校29校、教室202室を建設しました。引渡式では、象徴的に小学校の鍵が新井大使より初等教育大臣に贈呈されました。

      kusanone4kusanone5

       

  • 2014年10月30日
    • 平成23年度草の根人間の安全保障無償資金協力「ティンゴウ保健所改修・拡張機材整備計画」引渡式

      北西州バフットゥ区のティンゴウ保健所にて、新井大使、被供与団体であるマウント・ジオン財団マリアナプログラム調整員、バフットゥ区関係者等出席のもと、「ティンゴウ保健所改修・拡張機材整備計画」の引渡式が行われました。同計画は、平成23年度草の根人間の安全保障無償資金協力案件で、バフットゥ区のティンゴウ保健所の古くなった建物を改修し、新しい建物を建設し、試験機材を購入したものです。

      kusanone1kusanone2kusanone3

  • 2014年10月27日
    • CRTVラジオ"Campus ouvert"、大使館から生放送

      10月28日朝10時、日本大使館員やカメルーン人留学生がインタビューに答えます。カメルーンでの周波数は88.8 FMです。

  • 2014年10月1日
  • 2014年10月1日
    • 国際交流基金公募プログラム

       平成27年度国際交流基金公募プログラム申請は多くが12月1日締め切りです。当館英語版ホームページCulture & Education国際交流基金ホームページにて詳細をご確認ください。

  • 2014年9月29日
    • 外交政策ニュース

      9月12日・13日に東京で開催された「女性が輝く社会に向けた国際シンポジウム」、9月21日~26日の「安倍総理大臣及び岸田外務大臣の第69回国連総会出席」がアップロードされました。

  • 2014年8月6日
  • 2014年8月4日
  • 2014年7月30日
  • 2014年7月24日
  • 2014年7月18日
  • 2014年7月16日
    • 我が国の政府開発援助(ODA)事業における不正・腐敗防止への取り組み


       日本のODA事業を巡る不正・腐敗防止のために、不正腐敗情報窓口で関連情報を受け付けています。
       寄せられたご相談については、外務省およびJICAにおいて事実関係を確認の上、必要な措置を適切に講じていきます。

  • 2014年7月3日
    • 【注意喚起】ガソリン価格等上昇に伴うデモ、ストライキ


      ガソリン価格等上昇に関する7月1日付カメルーン政府発表を受けて、カメルーン消費者連盟は7月4日午後6時からヤウンデ市Elig Essono地区にてデモを行うことを発表しています。さらに、7月7日にはカメルーン交通業者組合によるストライキが計画されています。 カメルーン国内にいる方は出来るだけ外出を控えるとともに、どうしても移動しなければならないときは、周辺の治安が十分に安全か確認してください。 また、外出中にデモ等集団を見かけましたら、近づかずその場を速やかに離れていいただけますようご協力お願いいたします。 何かございましたら、在カメルーン日本国大使館(Tel:+237 22 20 62 02)までご連絡ください。

  • 2014年5月9日
    • 2015渡日国費留学生募集

      2015年度渡日の募集情報と申請書類を掲載しました。詳細は英語版ホームページでご確認ください。

  • 2014年5月3日
  • 2014年4月24日
    • 岸田外務大臣のデンマーク訪問及び第1回TICADV閣僚会合,OECD閣僚理事会出席


      岸田外務大臣は、5月3日から5日の予定でカメルーンのヤウンデを訪問します。第1回TICADV閣僚会合に出席し、共同議長を務める予定です。外務省の報道発表をご覧ください。

  • 2014年4月14日
    • 第8回国際漫画賞の作品募集


      第8回国際漫画賞の作品募集中です。5月30日(金)必着で当館でも受け付けています。第8回国際漫画賞の詳細や応募用紙は外務省ホームページから英語日本語でダウンロードできます。